Diary 2006. 3
メニューに戻る
3月1日 (水)  「捨てられない人のために」

今回は収納術のアドバイスをご紹介します。やはり季節の変わり目に部屋の掃除をされる方も多いのでは?ということで色々な収納術を紹介します。是非参考にしてみて下さいね(*^◇^*)


3月2日 (木)  「捨てなさい」といわれてもダメ

収納がうまくいかない原因に「モノが多過ぎる」「収納場所が少ない」がまず挙げられます。増やさなければいい、捨てればいいとわかっていても、なかなかできないのはなぜでしょう。それは、自分とモノとのかかわり方が整理されていないからなんです


3月3日 (金)  「記憶できるモノだけ」がいい

モノは私たちの暮らしを便利に豊かにしてくれますが、多過ぎると暮らしにくくなります。実際、モノが1つ増えれば、暮らすスペースは確実に狭くなります。また、人間の記憶には限度があります。衣替えのとき、記憶にない流行遅れのスーツが出てきて、スペースとお金の無駄を悔しがったり。そこで記憶できるモノだけと付き合うことにすれば、モノとの関係がスッキリします


3月4日 (土)  「大好きなモノだけ」がいい

次に今あるモノを「好き」と「嫌い」に分類してみます。「嫌いなモノなどない」という声が返ってきそうですね。その場合は「大好き」と「普通」に、またはさらに「超大好き」を設けて分けてみます。手に入れたときは「大好き」だったのに、何年かすると「好き」または「嫌い」が出てくるもの。生き方やライフスタイルの変化がわかるのも興味深いところ。そこで大好きなモノだけと付き合うことにすれば、さらにモノとの関係がスッキリしてきます


3月5日 (日)  悩んで処分すれば、増やすとき慎重に

「嫌い」または「普通」に分類されたモノは「捨てる」に移行できる可能性があります。でも、よくよく考えてからにします。毎日、目にする場所に「考え中」のバケットを設け「捨てるべきか、生かすべきか」とハムレットのように悩みます。こんなに悩んだのだからと、自分自身に納得がいってからにしましょう。中には、「○○さんなら生かして使ってくれるかも…」というモノが出てきたり。この体験を踏むと、モノを増やすときに慎重になります。


2006/3
SuMoTuWeThFrSa
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

前月     翌月