Diary 2006. 8
メニューに戻る
8月1日 (火)  1日10分から始める片付け

今月は毎日少しずつでも出来る片付け法をご紹介します。片付けが苦手な方は是非参考にしてみて下さい。毎日のお掃除が少し楽になるかもしれませんよ?(’△’*)


8月2日 (水)  収納は部屋作りの基本

どんなに素敵な家具や絵がセンスよく置いてあっても、ジャケットが脱ぎ捨ててあったり読み捨ての新聞が散乱していたらくつろげません。また、お客様をお呼びしたくても片付けてからと考えると、二の足を踏んでしまいます。収納、つまりモノがあるべき場所に落ち着いていないと、部屋もモノも生きてきません。収納は部屋づくりの基本といわれるのはこのためです。


8月3日 (木)  わが家をお客様の目でチェック

でも「収納は大変、苦手。どこから手を付けたらいいのかわからない」という方が多いのです。そこでわが家を知ることから始め、楽しみながら家ってみませんか?まず帰宅した時玄関でちょっと立ち止まって、何が目に入るか確かめてみましょう。ダイニングやリビングに入るときも同じです。「アラ、あそこにあんなモノがある」とか「あの絵はもっと下に掛けた方が、目に入りやすい」など、いろいろ気が付くでしょう。これはわが家をお客様の目でチェックする方法で、ふだん気付かなかったことがいろいろ見えてきて面白いものです。


8月4日 (金)  長続きのコツは「毎日少しずつ」

お客様に見せたくないモノは隠し、見せたいモノはよく見えるようにすれば、収納は半分以上成功したといえます。でもこれを一気にやろうとすると、やはり「大変、苦手」と気が重くなってしまいます。まず目に付くこと、できることから始め、1日10分を原則としましょう。毎日少しずつ、実行するのが長続きのコツだからです。例えば入れ場所が決まっていれば、ジャケットや新聞を片付けるのも気がラク。サッと片付きます。


8月5日 (土)  見せたいモノと、隠したいモノと

「見せたいモノはアイレベル(視線)に」の基本に従ってモノを移動してみましょう。逆に見せたくないモノはアイレベルを外しますが、うまく移動できない時は、アイキャッチャーといって目を引く美しいモノ、例えば観葉植物や絵などをその側に置くだけ。電車の中で美人に視線が集まるように、アイキャッチャーが見せたくないモノを目隠ししてくれます。これだけで室内はかなりすっきりするはずです。


2006/8
SuMoTuWeThFrSa
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

前月     翌月