Diary 2007. 2
メニューに戻る
2月1日 (木)  さぁ、風邪を予防しよう♪

段々と寒さが増して風邪・インフルエンザのシーズンになってきましたが、皆様元気にお過ごしでしょうか?
風邪はできるだけ引きたくないものですよね。
何よりも、風邪の諸症状は気分が悪いものですし、風邪は万病の元とさえ言われてます。
そこで簡単に風邪を防げる方法をご紹介します(ノ´△`)ノ♪


2月2日 (金)  風邪について!

風邪とはウイルス感染により鼻や副鼻腔、喉などの粘膜が炎症を起こした症状をさします。
風邪を起こすウイルスは200種以上あります。
ウイルスによって症状や流行する時期が異なります。
ウイルスは一般的に乾燥を好むため、冬場に感染が広がる傾向があります。

■風邪には、感冒とインフルエンザがあります。
感冒は通常症状は軽く、くしゃみ、せき、喉の痛み、鼻水などで発熱を伴うことはあまりありません。

■インフルエンザはインフルエンザウイルスが原因で、寒気やゾクゾクする感じで始まることが多く、39度を越す高熱が出ることもあります。
激しい頭痛や腰や脚をはじめ体中が痛みます。
高齢者が感染すると死亡することもあります。

■感冒もインフルエンザも主に感染している人の鼻水や、せきやくしゃみの飛沫など、風邪のウイルスを含んだ分泌物に接触することでうつります。

20070202-1.jpg



2月3日 (土)  風邪を予防しましょう!

風邪の予防には感染を防ぐため手洗いやうがいが効果的です。
水道水のうがいで4割も予防できたという報告があります。
またウイルスは乾燥を好むため、室内が乾燥しないように。
乾燥する時期は加湿器等を利用して加湿することも有効です。

●粘膜の健康を保ち、また免疫力を高めて、ウイルスの侵入から身体を守ることも効果的です。
疲労が蓄積したり、栄養が不十分だと身体の抵抗力が低下します。
また睡眠や栄養をしっかり摂ることも必要です。

20070203-1.jpg



2月4日 (日)  風邪の予防と栄養!

抵抗力を高めるため免疫の働きを高め、喉や鼻の粘膜の健康維持にも役立つビタミンA(βカロテン)、他に亜鉛、銅を含むマルチビタミン&ミネラルを摂ると良いでしょう。
ビタミンCを多量にとると良いという説があります。

●乳酸菌(食品)も役立つでしょう。

●免疫細胞の生成にはアミノ酸が必要です。
良質のタンパク質を摂るようにしてください。

●風邪、感染病から身体を守るハーブとして。
風邪の初期に効果のあるハーブとしてエキナセアが有名です。
ただし、最近の研究報告からは、風邪、インフルエンザの予防効果はあまり期待できないようです。
悪寒をともなう初期の風邪で生姜湯が利用されることがあります。

●プロポリスは天然の抗生物質といわれます。

●紅茶には抗菌、抗ウイルス効果があるため、紅茶を利用してうがいをするのも良いでしょう。

20070204-1.jpg



2007/2
SuMoTuWeThFrSa
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

前月     翌月